( ̄□ ̄;)!!

今日学校行ってしまったおバカさんは私です。
すっかり忘れていましたよ。
文キャンには一歩も入れなかった。
8号館横の門が半分開いていたので、本キャンに潜入。


日も落ち、学生のいない大学は静まりかえっていて、風が通りすぎる音まで聞こえてきそう。
ぼんやりと浮かび上がった演劇博物館は、異世界への入り口のよう。
何か不思議なモノがおいでおいでと言っている。
引き寄せられて、入り口を叩く。
扉は開くはずもない。
それなのに、中では何モノかがパーティーをしていて、今すぐに入れてくれるのではないかという期待は捨てられない。
月が支配する時間だから覗きたい。
中に入れば、何万人もの学生を見てきた戯曲集が棚を飛び出し、紫色の光を放ちながら、どこか知らない国へ、時代へ、連れて行ってくれそうな気がした。


なんて書いてみた。
だってさ、妄想を楽しんで帰ろうとしたら、どこの門も閉まっていたんだもん。
正門から帰れず、守衛さんのいる入り口を探して外に出ました。
やっぱり都会の中の別世界だ。大学。

気まぐれで改名。

改名しよう!と思ってから久しいです。
で、思いついた名前をつけることにしました。
同じ題名のblogがないか確認。
よっし、私の検索スキルでは同名が見当たらない!
ということで変えました。
『メランコリックQED


・・・また元に戻したりして。

どぅーゆーらいく筋肉?

昨日の続き。
久々に会った友人Uちゃんたちとカフェで盛り上がる。
その中で、共通の友人であるT氏の話題になった。


「T氏はね、ビジュアル筋肉なんだよ」とN美。
「はぁ・・・」
「要はモテるために鍛えているんだな」
「あれ?『筋肉は裏切らない』って名ゼリフを言ったのは?」
「それはI君やん」とUちゃん。
「彼は筋肉が趣味なの?」
「そうだよ」


筋肉を愛してやまないI君は友人の友人なので、仲良しではない。
ただ、大変真面目で面白い人物だという事がわかったので、会いたい。
興味深いのよ。その筋肉にかける情熱が!
というわけで、以下Uちゃんの話。


ある午後、学食でご飯を食べていたUちゃんはI君を見かけ、声をかけた。
友人間の和やかなお喋り・・・となるはずが、
「あっ!早く買ってこなきゃ!!」と急ぐI君。
「?」
「30分しか時間がないんだ!」
「??」
「じゃっ!」っと颯爽と昼食を買いに去ってしまったI君。
「???」残されたUちゃん。
彼は直前までジム(体育館の地階にある。誰でも利用可能)にいたのである。
良き筋肉になるように栄養を摂るには、30分内に食事を済ませなければならないのだ!
筋肉を愛するが故、筋肉中心の生活リズムなのだろう。
言っておくが、モテるためではない。


ある午後、学食でご飯を食べていたUちゃんの元に、I君がやって来た。
友人との和やかな昼食・・・となるはずが、
「I君はお弁当なん?」
ごそごそとI君が取り出したのは
ツナ缶!?(°O°)
「そうだよ。これだけでプロテイン15g!
    mlじゃないよ、gだよ!!
「はぁ・・・(-_-;」
目をらんらんと輝かせて力説するI君。
こうも人は筋肉を愛せるのか。素晴らしいよ。
更に言っておくが、モテるためではない。


I君は言う「人は裏切るけど、筋肉は裏切らない」。 
嗚呼、筋肉よ、永遠なれ!

今日ゲットした本(05/10/21)

ブックオフ麻耶雄嵩の「出版社品切れ」タイトル発掘。

鴉 (幻冬舎ノベルス―幻冬舎推理叢書)

鴉 (幻冬舎ノベルス―幻冬舎推理叢書)

メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)

メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)

あぁ良かった〜なんとか全部読むぞ!
さらに買いました。
木製の王子 (講談社文庫)

木製の王子 (講談社文庫)

アンソロジや競作集に収録されているタイトルは諦めるっ!